Archive

Archive for December, 2011

Love Story 安室奈美恵

December 25, 2011 Leave a comment

Love Story
安室奈美恵

作曲︰T-SK|TESUNG Kim|Liv NERVO|Mim NERVO
作詞︰TIGER

歌詞

昔からラブストーリー
苦手なの知ってたでしょ
恋に身を焦がすヒロイン
果てしなく続く girltalk
たわいなく繰り返される gossip
いつも抜け出したかった

Now I’m grown
欲しいものは手にしたけど かわりに
I know
あなたがくれる永遠も笑顔も手に出来ない baby

誰よりもきっと 愛しているけど
選んだこの道を 歩いてくから
生まれ変わっても 愛し続けるけど
一緒にはいられないもう
Cause life’s no love story

その腕の中で
眠りたい 子供みたいに
ふと願う日がない訳じゃない oh
そういえば涙さえもう
どの位流してない?
でも今さら変われない

You know that I’m grown
欲しいものは手にしたけど かわりに
I know
あなたがくれた優しさと笑顔も手放してた baby

誰を見つめても 誰と過ごしても
忘れられる日など 来るはずない
この胸の中で 愛し続けるけど
一緒にはいられないもう
Cause life’s no love story

やがてすれ違うと知っていても
出会えた事この奇跡 感謝してる
かけがえない日々も
後悔も痛みも
悲しみさえ
輝かせる yes, someday… baby

誰よりもきっと 愛しているけど
選んだこの道を 歩いてくから
生まれ変わっても 愛し続けるけど
一緒にはいられないもう
Cause life’s no love story

Advertisements
Categories: Music

はじめに

December 16, 2011 Leave a comment

研究の対象と背景

①研究対象を示す表現

例:

1.本稿は~の問題点を中心に考察するものである

2.本稿は~についての研究の成果を検討するものである

②問題の現状を説明する表現

例:

1.近年~が広まっている

2.近年~の状況に問題が発生した

③状況の中で特に注目すべき事例に言及する表現

例:

1.近年~が問題になっている。このなかで特に~が注目されている。

 

④推論を提示する表現

例:

1.~可能性があるのではないだろうか

 

⑤研究の必要を示す表現

例:

1.~するために、~が必要となる。

 

略称を導入する表現

例:

1.本稿では、X用語として「X略称」という名称を用いることとする。

Categories: Support

論文のタイプ

December 1, 2011 1 comment

主な大学院段階の論文:

  1. 検証型論文 : 実験・調査に基づく仮説検証の論文
  2. 複合型論文 : 事例研究などの検証型部分と文献などに基づく論証型部分の両方を含む論文
  3. 論証型論文 [文献解釈系] : 文献・資料などに基づく論述過程に重点を置く論文
  4. 論証型論文[論説系] : 先行研究を整理して研究の現状を分析・評価する論文(総説・レビュー・展望など)

参考書:

留学生と日本人学生のためにレポート・論文表現ハンドブック (東京大学出版会)

Categories: Japanese Language, Support