Archive

Archive for the ‘Life’ Category

Jadwal Offline Bank BCA

Adapun jadwal Offline bank BCA sebagai berikut :

  • Hari Senin – Jumat 21.00-01.00 WIB
  • Hari Sabtu 18.00-20.00 WIB
  • Hari Minggu 00:00A.M – 05:00 WIB

NB: Jadwal bank offline dapat berubah tergantung dari bank yang bersangkutan

Categories: Banking, Life

Battery of Life

October 13, 2012 Leave a comment

This is maybe the last story that I will write.
It was august 31st, 2012. It supposed to be happy day, and night with full moon. But it turned to be a nightmare that I couldn’t forget. Someone that I respect the most, becomes someone that I hate the most after conversation.
After that day, it’s really hard to face anyone. I felt I have lost in every vital sectors of my life. I even think that I’m really like damn sh*t.
Like machine, human also have source of energy. I called it “battery of life”. At that time, maybe my battery remained only 1%. Time to return to home and rest for while before back to battlefield again.
Luckily, I found a charger to fill my battery. I found it inside a black car :). Although I could only use it for 1 minute, I feel the energy it gave to me is more than enough to live for 100 years :’) .
Well, It’s time to create big plan for new battlefield. Learn from the past, change today, and achieve future goals.
頑張れ‼

Categories: Life

Strawberry on the shortcake

October 12, 2012 Leave a comment

Q : If there is some one wants your cake, can you give it to that person ?
A : I can give it most of part of the cake, but for the strawberry part, maybe I can’t give it.

Q : Di you ever see cake that looks very delicious?
A : Yes
Q : Did you eat it?
A : No
Q : Why?
A : Because it’s too expensive. It’s just not suit for me ^^. Only certain person deserve to eat it.
Q : So?
A : I just tried to take care of it, make sure that it won’t get melted, until that certain person come.

Categories: Life

Try My Best

July 29, 2012 Leave a comment

There’s something in this world, that can’t be changed. Although no matter how hard we tried to change it.

So I always say to myself “as long as I can try, I want to try my best”.

Categories: Life

The Moon & The Big Tree

April 13, 2012 Leave a comment

The Moon
It just happen to be above us before we notice it.
It doesn’t shine that brightly, that why we don’t notice.
When we lose sight of it,
that might be the first time we realize the existence of the moon.

月って、気が付いたら上にある。
光り方が、主張しない。だから気付かない。
見失ったときに、初めて月の存在に気付くかもしれない。

The Big Tree
They don’t use big trees for lumber.
A tree that grew big by itself,
it may be strong but it’s kept all it’s energy inside.
so no matter how many times it’s cut, it’s not suited for lumber.
But instead it spreads its branches far out,
and becomes a guidepost for travelers or provides shelter from the rain.
Even if it’s just one, it’s quite useful.

1本だけ大きく育った木は強いけど、体にずーっと力入れたまま生きてきたから、
木の癖がついちゃって、切っても材木に向かない。
けど、その代わり大きく枝を広げて、旅人の道しるべになったり、雨をしのぐ場所になったりする。
1本でもじゅうぶん役に立ってる。

Categories: Life

昔〜現在〜今後

March 6, 2012 Leave a comment

これから。。。。

就職はどうなるか、結構悩んでいた。
どんな仕事をしたいのか?わからなかった。だから自分に聞いた。

子供の頃、思い出した。
小学校4年、チェスをやっていた。好きかどうかわからない
小学校5年、バレーボールとバドミントンをやっていた。バドミントンが結構好きだったのかな~~

中学校1年~3年、バスケットボールが一番やっていた。試合に出て、1回勝った、1回負けた。好きだった
あと、

中学校を卒業した後、町で一番トップ高校に進学した。その時、ただのアニキと同じ学校だったのかな^^。
そこで、世界の中で一番きれいな女性を見つけたんだ。夢見たい。でも、夢は夢だから、一緒にはいられない。現実はひどいな~~

高校1年~3年、スポーツあまりやってなかった。勉強ばっかりしていた。
学校が終わった後、大体午後2時、別のところで授業を受けていた。終わるのは4時半ぐらい。後は少し休んで、夜になったら、やっぱり宿題で~~す。
高校生の時、母の知り合いの家に住んでいた。週末にオートバイで家に帰った。

他には、ギータを初めて勉強した。毎週1回コースを受けた。
海外のロック結構好き。例えば、Gun N RosesとかMr. Bigとか。
好きですけど、なかなか時間が取れなかったし、才能もなし。結局中途半端 :p

高校時代はこんなもんかな。
あと、3人の友達ができた(すごく仲良しだった)。全部クラスメイトだった。夜時々餃子みたいな食べ物を買って、一緒に食べた。

高校卒業した後、大学に入った。東ジャワの中で、一番トップ大学だった。国内はたしか3番目だったのかな。アニキもそこで勉強した。別の学科だったけど。
私は電気工科学科にいて、アニキはInformatics(コンピューターサイエンス)。その電気工科学科の中に、コンピューターサイエンス専門(びみょう)、電子専門、電気専門、テレコミュニケーション専門、コントロール(ロボット)専門がある。

3年生のときに、私はコンピューターサイエンスに入った。TAもやった。お金をもらわなかったけど、ご飯をもらいましたよ^^。たまにTAパーティを行って、KFCを注文した。美味しかったよ。
TAリーダーになったときに、色々大変なことがあった。特に責任だった。もしそのとき彼女に聞かれて、”私とTAはどちが大事なの?”、答えは、”ごめん、やはりTAのほうが~~~”
3年生からは、ラボで暮らしていた。マンションに帰るのはただのシャワーと洗濯のためだった。

2008年、私とアニキは一緒に大学を卒業した。アニキは大学のコンピューターネットワーク管理に任せたので、卒業はちょっと遅かった。お金をもらったけどね~~うらやましい。

卒業したあと、プログラマー・SEとしてIT会社で1年間以内働きました。その会社の社長は先生の知り合いです。
会社は乗り物の税金の支払うシステムを開発した。
日本語でなんというかわからないけど、私の国では、オートバイや車などを持つ方は毎月政府に払っている。もちろんルールは政府が決めるが、ソフトウェアはうちの会社が作った。
ナンバープレートをシステムに入力すると、乗り物の種類、発売時期、いつ・どのぐらい税金を払うかなど、チェックすることができます。
どんなにすばらしいソフトを開発しても、絶対に穴がある。その穴を見つけて、悪いことしたユーザは一杯。これは大問題だった。まあ~その悪いユーザのために、ログファイルを作って、そのユーザを見つけて、あとは首!もちろんソフトも修正する。

卒業したけど、時々、私は大学に遊びに行った。同じ研究分野の後輩に色々話していた。手伝ったこともある。まあ結構難しい研究分野だから。

大学にいるとき、先生は日本の大学院に進学するプログラムを紹介してくれた。先生は”これ、応募してみてね”と言った。私は”はい、応募してみます”と言った。そのとき”多分落とされるかも”しか考えられなかった。
でも、よかったのは、日本で進学ができた。本当に”奇跡”だ。
日本で、日本語を勉強して、大学院の授業を受けた。最初に授業中で先生の話は全然わからなかった。スライドも漢字ばかり、読めない~~~。
よかったのは、授業の筆記試験がなくて、発表だけで、すごく助かりました。
研究のほうは、実はすごく厳しかった。日本にきて、たしか2ヶ月あとから、2週間1回先行研究の論文を輪講していた。まず、1週間論文を読んで、次の1週間の間に長い時間をかけて、スライドを作成した。そのとき本当に大変だった。日本語と研究とともにつらかった。2ヶ月の生まれたばかりの赤ちゃんは何もできないでしょう~~~。
色々先生や先輩のおかげで、すこしずつ日本語・発表になれてきた。

最初に漢字を勉強するとき、なかなか覚えていなかった。私は小学校の漢字の本を買って、勉強した。たしか本の中に1006字の説明がある。その本で漢字の成り立ちが書かれているので、覚えやすい。
形容詞と動詞を覚えるときに、とても役に立つと思います。名詞にはまだまだ難しいけど。

先月(2月)はピークだった。修士の最終発表と論文提出だね。皆様のおかげで、私は無事だった~~~~。最終の論文提出するとき、やばかったけどな~~

じゃ、これから何をする?
就職はもちろん。
どんな仕事をしたいの?
私は2年間ゲームを研究したけど、ゲームが大好きとは言えない。だって、ゲームをあまりやないでしょう!
色々考えて、多分私は”もの作り”が好きだと思います。ゲームを限らず。。。アプリでも作ってみたい。”ユーザ”ではなくて”クリエイター”になりたい!
あとは、サーバ管理はまだまだ強い希望を持っている。

現在、1社に就職しているけど、これから増えると思う。頑張ります!

Categories: Life

Life Journey

December 18, 2010 2 comments

Tersesat, mungkin inilah yang terjadi pada diriku saat ini. Tak tau harus kemana, tak tahu harus bagaimana. Seperti seorang yang tidak punya masa depan saja. Sejak kecil hingga masuk ke jenjang perguruan tinggi, orang tua lah yang selalu mengarahkan. Saya sebagai anak ya menurut saja. Entah itu sebagai bentuk kepatuhan atau memang saya terlalu malas untuk memikirkan masa depan saya sendiri.

Waktu kecil saya sempat bercita-cita menjadi pilot (angkatan udara), karena dulu saya sangat menyukai pesawat terbang. Namun niat itu saya urungkan setelah mendengar kabar bahwa orang yang giginya berlubang tidak boleh menjadi seorang pilot J. Entah itu benar atau tidak sampai sekarang saya pun tidak tahu.

Sejak SMP saya mulai menyukai bidang Elektronika. Saya masih ingat dulu pernah membuat sebuah adaptor sebagai praktikum Elektronika. Saya juga pernah membuat bel pintu, hanya saja cuma buat mainan saja dan tidak dipakai semestinya.

Setelah lulus SMA, saya sempat ragu untuk memutuskan kemana saya akan pergi. Orang tua saya berkeinginan supaya saya melanjutkan ke perguruan tinggi, “Mumpung Ayah dan Ibu masih bisa membiayai kamu lho” itulah kata-kata Ayah yang masih saya ingat sampai sekarang J.  Akhirnya saya bertekad untuk meneruskan studi saya ke perguruan tinggi.

Untuk persiapan mengikuti SMPTN (Seleksi Masuk Perguruan Tinggi Negeri), saya intensif di sebuah bimbingan belajar (SSC)  selama kurang lebih 1~2 bulan. Selama masa karantina, saya sempat bimbang memilih PTN dan Bidang studi. Di antara dua pilihan, “Informatika” atau “Elektro”. Dengan berbagai pertimbangan, akhirnya saya memilih “Elektro” :D.

Setelah melalui masa karantina dan berbagai macam ujian (lebai :D),  Alhamdulillah saya diterima di PTN yang saya tuju.

“Selamat Datang di Kampus Perjuangan”, begitulah sambutan yang tertulis di sebuah spanduk yang membentang di pintu gerbang “Institut Teknologi Sepuluh Nopember Surabaya (ITS)”.

Mulailah kehidupan kampus yang penuh perjuangan :D. Pengkaderan/perploncoan dsb.

Saya sempat diajak teman saya untuk menjadi staff di divisi usaha Badan Eksekutif Mahasiswa tingkat Fakultas. Di sana saya mendapatkan ilmu berorganisasi dan berwirausaha. Sejak tahun ke-3 perkuliahan, saya mulai fokus untuk masuk laboratorium dan mulai meninggalkan kehidupan organisasi di luar lab. Di Laboratorium saya banyak mendapat ilmu tentang pemrograman dan jaringan komputer. Tidak hanya itu saja, ketrampilan bersih-bersih lab juga tidak ada duanya jika dibandingkan dengan lab-lab bidang studi lainnya :D. Di Lab ternyata juga bias berkarir, mulai dari staff, admin, hingga koordinator asisten pernah saya lalui.

Mendekati smester akhir, saya memutuskan untuk mengambil tugas akhir seputar Grid Computing, yaitu komputasi tersebar dengan memanfaatkan komputer-komputer yang sedang idle untuk dipakai sebagai sumber komputasi.

Setelah lulus dari perguruan tinggi, saya bekerja di sebuah perusahaan Integrator selama 10 bulan sebagai Junior Programmer. Alhamdulillah selama 10 bulan tersebut saya mendapatkan banyak pengalaman, terutama ketika bekerja under pressure.

Dari dosen elektro (Bpk. Hariadi), ada kabar tentang beasiswa study S2 ke Jepang. Mulanya saya sempat ragu-ragu mengingat IPK dan Toefl yang tidak begitu bagus. Setelah melalui proses seleksi dokumen dan interview, Mungkin karena faktor X saya bisa diterima di sebuah perguruan tinggi di jepang dengan beasiswa monbukagakusho.

“Tokyo University of Technology” itulah nama kampus saya yang terletak di Hachioji, Tokyo. Tak pernah sekalipun saya membayangkan bisa bersekolah di negeri sakura ini. Life Expense yang sangat tinggi, membuat saya harus berpikir berulang-ulang ketika hendak membeli barang kebutuhan.

Akademikpun tak lepas dari tantangan. Bahasa Jepang, itulah bahasa yang saya anggap paling sulit saat ini. Dalam Bahasa Jepang terdapat beberapa tingkat kesopanan. Hal ini diterapkan ketika berbicara dengan teman, dosen, atau rekan bisnis. Dalam istilah bahasa jawa mungkin seperti : ngoko,  madya, krama. Dalam bahasa jepang juga terdapat tenses seperti halnya bahasa inggris. Tata bahasa yang digunakan dalam percakapan juga berbeda dengan tata bahasa tulisan. Dan yang tak kalah menarik adalah Kanji :D. ada berpuluh2 ribu jumlah huruf kanji. Sekitar 2000 huruf kanji yang umum dipakai.

Soal Riset, di sini sistemnya cukup bagus. Setiap minggu terdapat presentasi riset dari tiap mahasiswa. Dengan dengan demikian diharapkan bisa mempercepat selesainya riset tersebut. Originalitas dan nilai tambah dari sistem/produk yang dihasilkan juga sangat diperhatikan.

Saat ini saya melakukan riset tentang online game. Riset yang bertemakan game cukup sulit dilakukan terutama yang menyangkut teknologi, karena pada umumnya riset-riset yang dilakukan oleh perusahaan game bersifat closed. Hal ini menjadi kesulitan tersendiri bagi para researcher untuk melakukan assessment terhadap sistem/produk yang dihasilkan.

Categories: Life