Archive

Archive for the ‘Research’ Category

Multiplayer FPS Game

August 5, 2012 1 comment

Preparing for second test. now with little AI. Client-Server model with RakNet. hope it will finish soon. thanks to Sigit Kusumanugraha for the icon.

Server Spec:
● Linux (Debian) kernel 2.6.32-5-686
● RakNet 4

Client Spec:
● Windows 7
● Unity 3D
● RakNet 4

はじめに

December 16, 2011 Leave a comment

研究の対象と背景

①研究対象を示す表現

例:

1.本稿は~の問題点を中心に考察するものである

2.本稿は~についての研究の成果を検討するものである

②問題の現状を説明する表現

例:

1.近年~が広まっている

2.近年~の状況に問題が発生した

③状況の中で特に注目すべき事例に言及する表現

例:

1.近年~が問題になっている。このなかで特に~が注目されている。

 

④推論を提示する表現

例:

1.~可能性があるのではないだろうか

 

⑤研究の必要を示す表現

例:

1.~するために、~が必要となる。

 

略称を導入する表現

例:

1.本稿では、X用語として「X略称」という名称を用いることとする。

Categories: Support

論文のタイプ

December 1, 2011 1 comment

主な大学院段階の論文:

  1. 検証型論文 : 実験・調査に基づく仮説検証の論文
  2. 複合型論文 : 事例研究などの検証型部分と文献などに基づく論証型部分の両方を含む論文
  3. 論証型論文 [文献解釈系] : 文献・資料などに基づく論述過程に重点を置く論文
  4. 論証型論文[論説系] : 先行研究を整理して研究の現状を分析・評価する論文(総説・レビュー・展望など)

参考書:

留学生と日本人学生のためにレポート・論文表現ハンドブック (東京大学出版会)

Categories: Japanese Language, Support

Unity 3D and RakNet 4

May 29, 2011 12 comments

Several days ago I tried to Connect Unity 3 (Client)  and RakNet 3.731  (Server) for my research project. When I read the server log, there is some message ID that was send by Client,  that was not recognized by Server.  ID “131”, I couldn’t find it in the RakNet Library Code. Maybe something has change in the Unity’s RakNet (that’s what I thought). then I tried to find a way how to make the server and the client can use the same RakNet Library. There is away to do that, but I need Unity Pro in order to load RakNet Library that is coded in C++.

I didn’t satisfy with that way, so i tried to find other solution. yeah with unity regular I still can load C# dll. With “Swig”, I can generate C# dll from c++ project. that’s amazing ^^. So this is the way :

For Client Side (Windows):

  1. Download Unity 3, RakNet 4, Swig
  2. Generate the Swig files
    1. Open the windows terminal
    2. Go to RakNet Swig directory
      cd C:\RakNetDirectory\DependentExtensions\Swig
    3. execute swig command (I followed this turorial)
      C:\Swig\swig.exe -c++ -csharp -namespace RakNet -I”PATH_TO_RAKNETSOURCE” -I”SwigInterfaceFiles” -outdir SwigOutput\SwigCSharpOutput -o SwigOutput\CplusDLLIncludes\RakNet_wrap.cxx SwigInterfaceFiles\RakNet.i

      • “PATH_TO_RAKNETSOURCE” is the source code directory of raknet (c++ code)
      • That command will generate c# code and RakNet_wrap.cxx that will be needed in the next step
  3. Create the C# DLL. I used Microsoft Visual Studio 2008 Express Edition with Service Pack 1, CodeBlock user maybe will have little problem with “integer data type”.
    1. Create CLR empty project
    2. Import RakNet source files with “Add Existing Items”
    3. Import RakNet_wrap.cxx with “Add Existing Items”
    4. Setting the Project Properties
      • Common Properties
        Target Framework : .NET Framework 2.0
      • Configuration Properties
        • General
          Configuration Type : Dynamic Library (.dll)
          Character Set : Not Set
        • C/C++
          • General
            Additional Directory : C:\PathToRakNetSource
          • Preprocessor
            Preprocessor Definitions : WIN32;_DEBUG;_RAKNET_DLL
          • Code Generation : Multi-threaded Debug DLL (/MDd)
        • Linker
          • ws2_32.lib $(NOINHERIT)
    5. Build C# DLL
  4. Create Unity Project
  5. Copy DLL and C# files to Unity Project directory
  6. Maybe RakNetListRakNetSmartPtrRakNetSocket.cs need to be remove from project
  7. Load DLL with Unity C# Script
    This is Example how to perform connection :
    using UnityEngine;
    using System;
    using System.Collections;
    using RakNet;
    public class ConnectGUI : MonoBehaviour {
    public static string remoteIP = “127.0.0.1”;
    RakPeerInterface myClient;
    SocketDescriptor scktDist;

    void Awake() {
    myClient = RakPeerInterface.GetInstance();
    scktDist = new SocketDescriptor();
    myClient.Startup(1,scktDist,1);
    }
    void OnGUI(){

    // if not yet connected
    myClient.Connect(remoteIP, 25000, “”,0);

    }
    }
Categories: Game and CG, Research

論文のまとめ方

May 19, 2011 Leave a comment

論文の中で中心になるのは自分が言いたいことを述べる本論であるから、本論が充実していなければ読む人に自分の意見に賛成してもらうことができない。特に、相手を納得させるには、本論の中で結論を説明する論拠としてどんなデータや意見を挙げるか重要になってくる。そこで、結論と論拠の組み合わせについてもう少しい詳しく見てみることにします。

A. テーマについて言いたいこと(結論)が決まっていて、それを説明するためのデータを集める方法

B. テーマに関連するデータを集めて、そこから論文を考える方法

の二つがあると言われる。しかし、実現には二つの方法を同時に使うことが多いです。たとえば、結論が決まっていても、データを集める間に結論を修正する必要がある。またデータを集めているうちに結論が見えてくれば、そこから先は結論に合ったデータが集まる方法を考える。データが先か結論が先か正直なところ決められないのである。AとBの手順の組あわせによって、より充実した論文になるとも言える。

参考書:

大学生と留学生のための論文ワークブック

Categories: Research, Support

論文の構成

May 14, 2011 Leave a comment

文科系のテーマですが、基本的に、論文の基本的な構成は:

  1. 序論
    a. 背景世界:論文を読むために必要な知識を与える
    b. 問題提起:論文で取り上げる問題は何かを示す
  2. 本論
    a. 論拠
    *データ提示:論拠の裏付けとなる事実を示す
    *意見提示:データに基づいて自分の意見を示す
    b.結論提示:自分が最終的に言いたいことを示す
  3. 結び:
    a.まとめ:内容を確認する
    b.展望:論文の成果に基づく将来の展望を示す

参考書:

大学生と留学生のための論文ワークブック

Categories: Research, Support

論文について

May 12, 2011 Leave a comment

論文は他の人に読んでもらうために書くものです。そのためには、文章の組み立てを考える必要があります。つまり、どんな順序で話を進めていたらわかりやすいかを工夫しなければなりません。

論文では、自分の気持ちを書いてはいけません。事実(データ)とそれに基づく意見(自分の考えだけを書く。そのとき、論文の中のどこが事実でどこが筆者の意見かをはっきり区別しておかなければなりません。

論文は色々な人が読む。だから、あなたの自身を知らない人、あなたの考え方を知らない人が読んでも分かるように、背景となっている事実をよく説明しておかなければなりません。

あなたの論文を読んだ人が「うん、なるほど。その通りだ」といってくれたら、その論文は大成功です。

参考書:

大学生と留学生のための論文ワークブック

Categories: Research, Support